2014年07月18日

この季節になると、学生の頃の記憶が蘇ってきます。

   7月の中旬から終わりにかけてといえば、学生は試験期間です。今でこそ試験というものに縁はないのですが、大学院までいったせいか、この時期になると毎年憂鬱だった学生時代を思い出します。ただでさえ梅雨時期でじめじめとしていて、あまりいい気候ではないにもかかわらず、梅雨があけるとすぐに恐怖の試験期間。学校の中もなんとなく沈んだ暗い雰囲気だったのを思い出します。徹夜で詰め込むということができない性分だったので、試験の一カ月前、ちょうど梅雨入りするかしないかという頃から試験勉強を始めて、7月の半ばには試験が目前ということでドキドキしていました。
 試験期間中の唯一の楽しみといえば、試験が終わった後の夏休みでした。特に、大学生の頃は夏休みが長かったので、1カ月以上遊んでアルバイトをしてと、満喫していました。そのせいもあって、毎年やってくるこの憂鬱な時期は、試験勉強の合間に夏休みの計画を友人と立てたり、アルバイトの計画を立てたり、いわゆる現実逃避をするのが楽しかったのを覚えています。
 今では、試験期間はないので、少ない夏休みをいかに充実させるか、遊びと休息のバランスをいかにして調整するか、それが、梅雨時期の楽しみの一つになっています。
posted by kduiae at 11:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。