2015年07月31日

海は泳げない人でも、楽しむことができる場所

  日曜日は子供会のイベントで、何年振りかの海に行きました。
長男は今年小学校に入学。
そのため、子供会にも入会しました。
年度末の歓送迎会に始まり、いよいよ今年のメインイベントがやってきた、というところです。

近年は水の事故が目立ちます。
かつては役員さんだけで子供達を海に連れて行っていたようですが、今回はかなり早い段階で企画が持ち上がり、極力家族同伴で、という方針の下参加募集がかかりました。
結果、ほとんどの家庭が全員参加で、観光バスは満席になるほどの大所帯となりました。

目的地は神崎浜海水浴場。
京都舞鶴近郊の海水浴場です。
私は日本海での海水浴が人生初だったのですが、うわさに聞いていた荒々しい海はなりを潜め、大変穏やかでした。
夏休み中の日曜日なので、混雑を覚悟していましたが、人出はそこまでではなく、子供会の大所帯でも快適に海水浴を楽しむことができました。

ところで、私たち一家は全員カナヅチです。
私も夫も、泳ぎは不得手。
長男も夏休みに特別水泳という名の補習通知がきました。
当然幼稚園児の長女が、水に親しむはずもなく、そんな事情で水のレジャーにはこれまで全くと言っていいほど、無縁の生活をしてきました。
そんなわけで、海水浴に何が必要なのか、そして楽しむことができるのか、大いに疑問を抱きながらの参加でした。
まず、準備段階からあたふたしていました。
更衣室はあるのか、シャワー事情はどうか、海の家でカレーを注文して食べるというが、どこで、どのようにして食べるのか、タオルはいくつ必要なのか、みんなビーチサンダルで行くのか、水着は着ていくのか、飲物は何をどのくらい持っていけばいいのか、おやつは?軽食は?…もう行く前から溺れそうです。

しかし、実際のところ、役員さんたちがきっちり段取りしてくれていて、心配事は杞憂でした。
シートやテントは大型のものが持ち込まれ、テーブル等も適当に用意されていました。
子供達には大量のおやつが用意されていて、飲み物までセッティングされていました。
また、スイカ割りも楽しませてもらいました。
泳げないはずの長男も、浮き輪を頼りに海原を楽しみ、長女は浮き輪で浮いたり、砂浜で貝拾いを楽しんで、気に入ったものをお土産にしたり、それぞれの楽しみ方ができていたようです。
私は感動しました。
ああ、海って、泳げない人でも楽しむことができる場所なんだなぁ、と。
私も、新調したラッシュトレンカとラッシュガードに身を包み、海に浸かりましたが、暑さを忘れる心地よさでした。

帰りも、観光バスが家の近くまで連れ帰ってくれます。
大人も子供もゆっくり休みながらの家路につくことができました。
みんなで行った海水浴だからこそ、楽しむことができたと思います。
子供同士がそれぞれ遊ぶのを、大人は海に浸かって見守るだけでよいのです。
次の機会も、ぜひ参加しようと思う、素敵な夏の思い出となりました。ドコモ,au解約後ソフトバンクshop池袋で乗り換える前に
posted by kduiae at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。